BLOG
アーカイブ

2016年10月18日

瑞宝太鼓公演at当麻町公民館「まとまーる」開催!

11月9日(水)18:00~19:30、当麻町公民館「まとまーる」にて、瑞宝太鼓の公演が開催されます。

入場無料です!

お見逃しなく!!

%e7%91%9e%e5%ae%9d%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%82%b3-a%c2%81a%c2%82%c2%b3a%c2%83%c2%92a%c2%82%c2%9aa%c2%83%c2%bc

2016年10月8日

北海道アール・ブリュット2016in岩見沢開催します!

リオのオリンピック・パラリンピックで日本選手が活躍し感動が生まれる一方、多くの心を痛める事件や事故が報道されています。そんな現代社会の片隅で日々生まれ続けているアール・ブリュットの作品たち。心の中から発するものを独自の方法論で表出する彼らの作品は、私達の心を解きほぐし元気を与えてくれる、そんな力を持っています。
この時代だからこそアール・ブリュットというアートを通して私達の社会をみつめ地域の未来を考えていくきっかけとしたいと考えフォーラムを企画いたしました。広大な北海道全域をネットワークで結び、昨年度札幌で大きな反響を呼んだフォーラムを今年は岩見沢で開催します。芸術分野では道内最大規模を誇る北海道教育大学岩見沢校や北海道医療大学の協力を得て、福祉やアートの枠を超え、全道各地を調査し出会った約200点の作品を展示するとともに、文化と地方創生、日本の障がい者に関する政策を考えるシンポジウム、創作支援に関する分科会、体験を通して学ぶワークショップなど、各方面から多彩なゲストを迎え、アート、地域、福祉、社会が岩見沢で交差し未来を考えます。どうぞこの機会にお誘い合わせの上、ご参加ください。

 

日時:2016(平成28)年11月12日(土)午前11時~11月13日(日)午後1時

会場:岩見沢市生涯学習センター「いわなび」:岩見沢市4条西1丁目3-4 ほか

交通のご案内
・JR岩見沢駅より徒歩10分、タクシーで5分。
・車でお越しの場合
道央自動車道(岩見沢IC下車)【札幌から】32km(約30分) 【新千歳空港から】67km(約60分)
・JR利用の場合
特急列車で【札幌から】約25分 【新千歳空港から】約65分
・駐車場のご案内
駐車場はいわなび地下駐車場と、中央パーキングあづま 、開発パーキング 、3条西4丁目パーキングをご利用ください。最大4時間まで無料となります。


<参加の申し込みについて>

申込開始:10月15日(土)
申込締切:11月4日(金) 

※定員になり次第締め切らせていただきます。申込書がお手元に無い場合は事務局にお問合せ下さい。

申込書(pdf):c%c2%94%c2%b3e%c2%be%c2%bcc%c2%94%c2%a8c%c2%99outline

申込先:北海道アール・ブリュットネットワーク協議会(社会福祉法人ゆうゆう内)

北海道石狩郡当別町六軒町70-18

yuyu.artbrut@gmail.com

TEL 0133-22-2896
FAX 0133-23-0811

 


スケジュール


*11/12 11:00~ オープン、12:30~実行委員会挨拶

<1>オープニング

障がい者長崎打楽団  瑞宝太鼓

11/12 13:00-13:30

アート・ドラムとして海外でも絶賛を浴びる瑞宝太鼓がついに北海道にやってきます。「希望し、努力し、感謝して生きる」。魂の太鼓でフォーラムが幕開けします。


<2>基調講演「アール・ブリュットと地域創造」

渡邉芳樹氏(元駐スウェーデン日本国特命全権大使)

11/12 13:30-14:20
ヨーロッパでみた景色と可能性今春渡欧し、西欧での日本のアール・ブリュットの反響をみた渡邉芳樹氏が語る芸術と福祉の可能性とは。アール・ブリュットを通してみえる、世界、日本、地域の明日についてお話しいただきます。


<3>随時参加OKワークショップ

「スポーツを改造しちゃおう!アダプテッド・スポーツ」

大山祐太氏 (北海道教育大学岩見沢校講師)

11/12 14:00-17:00

「アダプテッド・スポーツ」では、障がい者や子ども、高齢者など、誰もが楽しめるようルールや用具が工夫されています。
基本的な考え方の紹介や体験をおこないます。スポーツを改造しちゃおう!


<4>基調講演とワークショップ

駒形克己氏(造本作家)
★基調講演「障がい者に向けた本づくり」

11/13 10:00-11:00

造本作家でありデザイナーの駒形克己氏は、紙の手触りやしかけを駆使した、五感で感じる絵本を制作してきました。パリ・ポンピドゥーセンターと共同出版したのは、視覚障がい者とともにつくった『折ってひらいて』。障がいを持つ人と健常者とが一緒に楽しめる本はどのようにつくられたのか。創作のきっかけや作品に込めた想いを語っていただきます。

★要申込 W5ワークショップ 「タクタイル=触覚ワークショップ」
11/13 11:00-12:30

企画・運営 北海道教育大学岩見沢校 三橋純予研究室 企画協力 來嶋路子(元『美術手帖』副編集長)
中学生以上 先着30名

目隠しをし手の感覚だけで、平面の紙から立体をつくり上げていくワークショップ。視覚に頼らずにものをつくり出す行為は、新たな感覚を研ぎすます体験。想像以上の造形が生まれる感動を味わってください。


<5>ワークショップ(随時参加OK)

「みんなでクリエィティブワークショップ」
11/12 14:00-17:00

子どもも大人も障がい者も支援者も学生も高齢の方も、みんなでクリエィティブ!みんなで創作活動を体験しよう。
企画・運営 札幌市立大学あそびlab!オヘソ


<6>要申込 W6ワークショップ

「音と遊ぶ」

樋口英子氏(北海道教育大学岩見沢校准教授)
11/12 1回目 14:00- 2回目 15:30- (各先着15名)

音とあそぶ身近な歌に合わせてからだをタップ、カップでリズム。音で遊んで楽しみましょう。一緒に音を刻んだり声を合わせたり、心地よい時間を過ごしてみませんか。


<シンポジウム1>

11/12 14:30~16:10

「文化活動や国際交流と地方の活性化を一緒に考える」

内丸幸喜氏(文化庁文化部長)
朝川知昭氏(厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部企画課長)
村木一行氏(北海道保健福祉部長)
田島博樹氏(滋賀県県民生活部文化振興課長)
松野 哲氏(岩見沢市長)
三橋純予氏(北海道教育大学岩見沢校教授、 元東京都現代美術館学芸員)
コーディネーター 大原裕介氏 (社会福祉法人ゆうゆう理事長)

国が2020年のオリパラに向けた文化施策としてアール・ブリュットの振興を進める中、岩見沢では、北海道教育大学岩見沢校と連携しながら、「2019障がい者国際芸術祭」の誘致に取り組んでいます。文化・国際交流・地方創生について、アール・ブリュットを核に世界とのつながりを考えます。


<シンポジウム2>

11/13 11:10~12:00

「障がい者芸術文化の我が国でのいままでと今後の可能性と」

衛藤晟一氏(障害者の芸術文化振興議員連盟会長 自由民主党 内閣総理大臣補佐官)
高木美智代氏 (障害者の芸術文化振興議員連盟副会長 公明党)
山本博司氏(障害者の芸術文化振興議員連盟事務局長 公明党)
渡邉芳樹氏 (元駐スウェーデン日本国特命全権大使)
コーディネーター 北岡賢剛氏(社会福祉法人グロー理事長)

アールブリュット作品が日本と世界を結ぶ昨今、その作品や創作活動は私たちの社会や暮らしとどう繋がり光となっていくのか。社会情勢と芸術文化の交わり、日本と地方創生の未来を考えます。


<分科会>

11/1216:30~18:00

①「作品が生まれてくるとき」(要申込 B1、先着90名 )

小林瑞恵氏 (社会福祉法人愛成会常務理事、アートディレクター)
シンポジスト:早坂清花氏(アートセンターあいのさと アートマネージャー)、伊藤栄一氏(NPO法人とむての森 創作主任)、村林太郎氏(ステップ岩見沢所長)

アール・ブリュットが地域や世界をどう結び開いていくのか。中野の商店街から世界の美術館まで展覧会を企画する小林さんに作品の魅力をお話しいただきます。北海道の作品の紹介と可能性を考えます。

②「作品を出展するときどうするの?グッズにするときどうするの?障害のある作者と権利の話」(要申込 B2、先着60名)
齋藤誠一氏(障害者の芸術活動支援モデル事業連携事務局)
意思を伝えられない彼らの作品をどのように扱えばいいのでしょうか。著作権や権利保護について、障害者の芸術活動支援モデル事業連携事務局の齋藤さんにお話しを聞いてみよう。質問どんどん受けつけます。

③「芸術支援お悩み相談室」(要申込 B3、先着20名)

菊地雅子氏(かたるべの森美術館アートディレクター)

ゲスト:早坂アキラ氏 (programmer / engineer / artist)、関口千代絵氏 (かたるべの森美術館学芸員)

ギャラリーツアーで作品のみどころや展示のポイントを紹介します。創作や展示に関するお悩みにお答えしますので気軽にご参加下さい。展示の今と未来、新しいコミュニケーションについて探っていきましょう。


<展覧会のご案内>
本年度実施したアール・ブリュット北海道調査で出会った作品を中心に日本のアール・ブリュット作品や林田嶺一の特別出品、音に反応して映像が変化するインタラクティブ・アートなど約200点の作品をご紹介します。

北海道アール・ブリュット巡回展(入場無料)
帯 広  10月1日(土)~10日(月) 北のれんが古柏堂
岩見沢  11月12日(土)~13日(日) いわなび & 市内
函 館  12月6日(火)~11日(日) ハーモニー五稜郭
札 幌  2017年1月24日(火)~29日(日) 大通美術館

*同時開催:「いわみざわハート&アート2016」(11/7~13、於岩見沢駅舎センターホール&市民ギャラリー)


*懇親会:1月12日(土) 18:30~、会場  ホテルサンプラザ(お一人様 5,000円)

*事務局では、ホテルサンプラザのご宿泊をお取り扱いいたします

シングル7,800円
ツイン・トリプル7,000円
※朝食付き宿泊費
※宿泊費は当日ホテルにてご清算下さい。


<内容・期間中の宿泊予約・参加申込に関するお問合せ>

申込開始:10月15日(土)
申込締切:11月4日(金) 

※定員になり次第締め切らせていただきます。申込書がお手元に無い場合は事務局にお問合せ下さい。

申込書(pdf):c%c2%94%c2%b3e%c2%be%c2%bcc%c2%94%c2%a8c%c2%99outline
北海道アール・ブリュットネットワーク協議会(社会福祉法人ゆうゆう内)

北海道石狩郡当別町六軒町70-18

yuyu.artbrut@gmail.com

TEL 0133-22-2896
FAX 0133-23-0811


a%c2%82%c2%a2a%c2%83%c2%bca%c2%83a%c2%83%c2%96a%c2%83aa%c2%83%c2%a5a%c2%83%c2%83a%c2%83%c2%88a3e%c2%a8outline

*リーフレット表(pdf):a%c2%82%c2%a2a%c2%83%c2%bca%c2%83a%c2%83%c2%96a%c2%83aa%c2%83%c2%a5a%c2%83%c2%83a%c2%83%c2%88a3e%c2%a8outline

 

a%c2%86%c2%8da%c2%85%c2%a5c%c2%a8a3a%c2%b8%c2%ade%c2%9d%c2%a2outline

*リーフレット中面(pdf):a%c2%86%c2%8da%c2%85%c2%a5c%c2%a8a3a%c2%b8%c2%ade%c2%9d%c2%a2outline

2016年10月6日

連続研修会第2部展示方法研修①

10月6日(木)午前10時~、北海道教育大学岩見沢校に集合して、「作品の特徴を捉えた展示」について学びました。

1006e%c2%81%c2%90ae%c2%af%c2%94i%c2%bdi%c2%bde%c2%80%c2%95i%c2%bde%c2%9c%c2%92a%c2%83img_8383

その後、教育大学のバスで岩見沢市内、四条通りのシーテラスに移動。

1006e%c2%81%c2%90ae%c2%af%c2%94i%c2%bdi%c2%bde%c2%80%c2%95i%c2%bde%c2%9c%c2%92a%c2%83img_8413

1006e%c2%81%c2%90ae%c2%af%c2%94i%c2%bdi%c2%bde%c2%80%c2%95i%c2%bde%c2%9c%c2%92a%c2%83img_8414

実際の作品を展示する方法について考えました。

 

1006e%c2%81%c2%90ae%c2%af%c2%94i%c2%bdi%c2%bde%c2%80%c2%95i%c2%bde%c2%9c%c2%92a%c2%83img_8423